そんな肉まで使っているの!?店頭にある変わったドッグフード達

大切なワンちゃんの食料となるドッグフード。
多くのメーカーから販売されていますよね。
ドッグフードは各メーカーが研究を重ね、よりも多くのワンちゃんに健康で長生きしてもらえる様、
日々研究が続けれています。
そんな中一風変わったドッグフードも販売されている様です。

変わった原材料

通常ドッグフードで使われる原材料はタンパク源が中心です。
チキンやラム、そして最近増えているはシカ肉と、肉が中心の物が多いですね。
そして日本で少しづつ見かける様になっているのはカンガルーです。
オーストラリアでは定番なドッグフードですが、そのタンパク源の高さとコストパフォーマンスで日本でも注目され始めています。
そして意外な所で人気があるのはウサギの肉です。
ウサギはその栄養素の高さはもちろんですが、一番注目したいのはフリーズドライ方法に適している肉がであることです。
冷凍に耐えうる質なので価格も抑えられ、大量に用意する事が出来るのですね。

アレルギーについて

この様に多くの種類の肉を使われるには様々な理由があります。
最も大きな理由がとしてはやはりアレルギーですね。
現在アレルギーは人間でもその原因を特定して治療する事はまだ不可能とされています。
なのでアレルギーが出現するのは防ぎたいですね。
アレルギーの原因の一つである食料は防ぐ為には一番を使い所ではあります。
ワンちゃんによって様々な可能性があります。
定番のチキンやラムでも発症してしまう場合もありますし、シカや上記のカンガルーやウサギである事もあります。

なので少しづつあげて耐性を見てあげる事が大切です。
意外とアレルギーが少ないのは魚のドッグフードという話もあるので、お困りの方は是非お試しください。
色んな材料が使われているドッグフードですが、その価格も様々です。
あまり安いと粗悪な質の材料を使っている事もあるので気をつけたいですね。
大切なワンちゃんにあったドッグフードを見つけて楽しいペット生活を楽しみましょう。

関連記事です☆