与えるだけじゃダメなおやつのいいトコ、わるいトコ

普段何気なく、愛犬が喜んでしっぽを振ってくれるから与えてるおやつ。でも、ちょっと待ってください。おやつって、主食とは全く違う役目にもなる上、気をつけないといけないこともあります。いいトコとわるいトコを知って欲しいので、ぜひ続きを読んでみてください。

おやつは効果から選ぶ

おやつには色々なタイプがあります。それぞれで効果や使い方が違ってきますので、ワンちゃんの好みだけで決めないようにしましょう。どれも愛犬の健康に繋がっています。まず代表例としてスティックや骨型のガムは、歯磨き効果があり歯石落としに役立つでしょう。犬にとって歯と口の健康は命とも言えます。最も気をつけてあげるべきです。
単品だと栄養価が偏ってはいても、副食として考えれば栄養のコントロールにもなります。ささみ系やジャーキーなどは、高たんぱく質で元気になるでしょう。ビスケットやゼリーといった形で、サプリメントとしてのビタミン摂取に優れている商品もありますので、ぜひいくつかを揃えて、健康状態に合わせて与えてあげてください。

おやつを与えるとき、これだけは注意して

愛犬も家族と考えるなら、その食事も自分に置き換えて考えてみましょう。主食であるフードも、栄養が偏っていたり高カロリー過ぎてはいけませんし、食べ過ぎも肥満の元です。間食のお菓子も、少量のストレス解消程度であれば良いですが、食べ過ぎはやっぱり不健康に繋がります。これらは愛犬のフードとおやつの場合でも同じです。
そして、かつて犬たちにとっての食事はそのまま歯磨きの役目もしていましたので、柔らかいものばかり与えるのは避けましょう。これはガム型のおやつも与えることで解決します。また、ペットフードだからといって添加物と保存料に気を付けないのもダメです。天然もので体に害がないものなら大丈夫です。少しでも良いですので意識してください。

おやつはあくまで副食

主食であるドッグフードが愛犬たちの本来の体をつくっています。これを補佐したり、飽きがこないようにしたり、しつけのために与えるのがおやつと思ってください。心優しい飼い主さんほどつい与え過ぎてしまいかねませんから、愛犬達のためにはおやつはあくまでおやつと割り切りましょう。

関連記事です☆